ネットで話題のトレーニング方法はどれ!?いろんな視点から比較してみた。

こんにちは。元ボディビルダーの辰野です。

今は筋肉コンサルタントとして日々ジムのプログラムやクラスを担当したり、文化センターや医療機関で栄養学の講演をしています。

 

いろんな活動をしていく中で、結構聞かれます。

「ズバリ結局、なりたい自分になるためには

どういったトレーニングをすればよいのか」

確かに今はネットで情報が溢れているし、何を信じれば良いのか分からないですよね。

 

僕は一時期、トレーニング不信に陥って、いろんな商品やサービスを比較していたことがありました。

その中でどの角度から比較しても名前が浮き上がってくる、

サプリと言うべきか、EMS機というべきか、ジムと言うべきか、

その名も「ボディプロスタイル」と言うのですが、こいつが僕のスランプから抜け出すきっかけになりました。

そこから、だらしない方やトレーニング迷子の方には「ボディプロスタイル」を強くオススメしています。

 

 

まずサプリ面で他社製品と比較してみます。

HMBサプリ比較

 BODY PRO STYLE
サプリメントK
サプリメントF
1粒あたりのHMB配合量
333mg

333mg
×
不明
価格
540円

10,714円

4,800円
1日あたりの価格
100円

360円

172円
返金保証
あり

あり
×
無し
送料
無料

無料(初回のみ)
×
500円
内容量180粒180粒120粒
形状タブレットタブレットタブレット

見比べてもらえばわかると思うのですが、HMB配合量は変わらないのに価格に大きな違いが出ていますよね。

これは宣伝にお笑い芸人やタレントなどを起用することで広告費がかかっているかどうかというところなんです。

確かに有名な方が使っていると一見素敵なサプリに思えますよね。

けれど逆に言えば、ボディプロスタイルは広告にかかる費用を抑えて、配合成分に注力しているんです。

あとは分かりますよね?

HMBにシトルリン、アルギニン、亜鉛…幅広いグッドな成分がぎゅっと詰まったボディプロスタイルは隠れた逸品と言えます。

 

 

次にEMS機で比較してみます。

EMS比較

 BODY PRO STYLE
R
S
価格
0円

28,800円

25,800円
ジェルシート
毎月無料でお届け

別売り(3,800円)

別売り(4,104円)
HMBサプリ
無料

別途販売

20%OFFで購入可能
メーカー保証
期限なし・無償交換

1年

1年
返金保証
90日間
×
無し
×
無し
送料
無料

無料

無料

サプリにEMS機が付いてくるなんて驚きですよね。

他社製品ならサプリとEMS機は別売りです。

ボディプロスタイルは故障の際の修理はもちろん、交換が必要なジェルシートも毎月届けてくれるんです。

もちろん無料で!

これはもう泣いて喜んじゃいますね。

 

最後にちょっと無茶かなと思いましたが、ジムとボディプロスタイルを比較してみます。

ジム比較

 BODY PRO STYLE
R社
G社
入会金
0円

54,000円

5,000円
初月費用
500円

160,000円

20,000円
通う頻度
通う必要なし

週1,2

週5~月1
時間
24時間いつでも

7:00~23:00

7:00~23:00
メリット・通わずに空いた時間で24時間トレーニング可能
・自分のペースで動画サイトを見ながらトレーニング可能
・HMBサプリが無料でついてくる
・トレーナーがいるので、食生活の管理や効率の良い指導をしてもらえる・自分のペースでトレーニング可能
・ダンスやヨガなどのプログラムがある
デメリット・スムージーを飲み忘れる恐れがある
・EMSが壊れる(ボディプロスタイルは無償交換してくれますよ!)
・費用がかかる
・通うのが大変
・合わないトレーナーがいる
・強い意志がないと通わなくなってしまう
・ウエアやシューズを揃えないといけない
・周りの人の目が気になる

何かと話題のジムはトレーナーさんが専属でついてくれたり、トレーニングマシンやプログラムがとても充実しています。

 

けど、中には

「費用がバカ高くて通えない」

「遠い・忙しい・深夜勤務だから通えない」

「人見知り・自分のペースでトレーニングしたい」

という方もいらっしゃると思います。

ボディプロスタイルはそんな悩める子羊の強い味方。

あっという間に自宅がジムに早変わりする魔法のアイテムです。

 

応用として、ボディプロスタイルのEMS機をつけながら市販のダンスエクササイズDVD等でトレーニングすれば、さらに負荷をかけることも出来ますよ!

 

魅力的なボディプロスタイル、実質無料のキャンペーンは今だけみたいなので、

「今の自分に満足していない」

「だらしない自分をやめたい」

「もっともっと自分を高いステージに」

そんな方は一度だけでもぜひ試してみてください。